四王子神社御神土「御砂守」について


肥後国誌にも記述されており、まむし・むかで除けとして縁起・頒布されている。

本宮社床の御神土を以て古来より蛇・百足の害を受けぬように携帯するか撒き清めて使用し

神徳の加護を受けるための御守りである。毒蛇・毒虫除けとして広く拝受される。

細川公藩邸にても篤く崇敬され、花畑屋敷にて祈願も斎行された。

 

<御砂守の使い方>

田植えや山歩き、ハイキング等に出かける折には小分けにし袋に入れてお持ちになられてください。

自宅にてお使いの場合には、以前蛇を見かけた場所や家の周り、縁の下、湿気のある場所等に

適宜お撒きになって土地のお清め砂としてお使いください。

また、諸厄守護御守り、安産を祈願し腹帯に着帯される等、除災招福の御守砂としてお使いください。

必ずや大神様の御神威によって、御身をお守りいただけ、福徳を授かれることと祈念いたしております。